FC2ブログ

Diario de Avispa

スタジアム観戦記や各種ニュースなど、日々アビスパのことを綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

輝ける未来を信じて・・・

気づけばもう大晦日。
本当に久しぶりの更新となってしまいましたが、
年の瀬に今年を振り返って少しばかり書いてみようかと思います。

今年はアビスパにとって本当に激動の一年となってしまいましたが、
そんな一年を端的に表すならば「未来に向けての出発」になるでしょうか。

経営面に関しては、クラブとして抱えている問題が一気に表面化したように思います。

しかし、ふくや様をはじめとするスポンサーの方々から多くの支援をいただき、
またサポーターとしてもキッズサポーターや強化募金、
その他さまざまな形で愛するクラブのために何かできないかと行動する中で、
福岡という街にアビスパが存在する意味、
私たちにはアビスパが必要なんだという思いを再確認できたように思います。

もちろん、まだまだ厳しい状況に変わりはありません。
クラブライセンス制度の導入が近づき、
来期の黒字経営と債務超過の解消は必須事項。

その中で、来季に向けて新しくユニフォームスポンサーになって頂いた
「ブロードマインド」様、「エモテント」様、
そして、今年多くの支援を頂き、来期もユニフォームスポンサーとして引き続き支援して頂く
「ふくや」様には本当に感謝の気持ちしかありません。

あれだけ大きく報じられてしまったことは恥ずべきことだと思いますが、
結果として「福岡の街全体でアビスパを強くしていかなければならない」、
そういう思いを広く共有できたことは未来に向けて必ずつながるものだと思うし、
繋げていかなければならないと思います。

また、チームとしては何と言ってもマリヤンの監督就任と続投。

結果としてプレーオフ圏内には及びませんでしたが、
昨年の戦術も闘志もなかったサッカーから、
見ていてワクワク・ドキドキ・ハラハラできる、
まさにサポーターの心に響くサッカーへと大きく生まれ変わったと思います。

中でも、ユースから昇格したユウタ、高卒一年目だったタケシは
年代別の日本代表に選出されるまで飛躍的に成長し、
大卒一年目だったシュウト、パクゴン、
2年目ながら今やアビスパのエースになりつつあるイシヅも含め、
若い選手たちがJ2という移動も多く、ハードなリーグを一年間経験できたこと、
その中で、たとえば決めるべきところで決めること、
リードした状況でどう戦うかという部分で課題も見つかったことは、
来期以降に向けて大きな収穫。

特に、今年はガンバ・ヴィッセルという超J2クラスのチーム・選手と、
真っ向勝負できたことも非常に大きな経験になったと思います。

来期J2に降格してくるのは湘南・磐田・大分ということで、
戦力的に群を抜いて強いチームはいないと思うので、
今年以上に混戦模様になることが予想されますし、
逆にアビスパにも十分チャンスはあるはず。

Jリーグを一年経験したマリヤンがどのような采配を見せてくれるのか、
若き精鋭たちがどれだけ成長を続けてくれるか、
そして何よりこのチームがどれだけ強く逞しくなっていくのかを考えると、
楽しみで仕方がありません。

辛いこともあった今シーズンですが、
来期はユニフォームのデザインもアビスパが誕生した当時のものになることですし、
今一度アビスパというクラブへの愛を再確認し、
みんなで笑いあえるシーズンにしたいですね。

それでは、アビスパサポーターの皆さま、よいお年を!

P.S.
サカティー・ツツをはじめ、契約更新してくれた選手たち、
残ってくれて本当にありがとう!

そして移籍することになったミズとリュウ。
アビスパのことを愛してくれた選手たちだから寂しい気持ちが強いけど、
来期は同じ舞台で戦うし、これからも応援しています!

最後に、引退が発表されたナギ。
まだまだやれると思っていたので正直残念ですが、本当にお疲れさまでした!

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。