FC2ブログ

Diario de Avispa

スタジアム観戦記や各種ニュースなど、日々アビスパのことを綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アルウィンは想像以上に美しかった

「一度行ってみたい」と思い続けていた松本のホーム・アルウィンは、
僕が想像していた以上に美しい場所でした。

松本山雅がプレーオフ進出の可能性を残しているとはいえ、
9500人ものサポーターがスタジアムに駆けつけ、
しかも、その大部分の人がチームの緑色のレプリカを着用し、
試合前からゲートの前に長蛇の列をなし、
選手入場の際には全員がタオルマフラーを掲げスタンディングオベーションで迎え、
ゴールが決まれば一斉にタオルマフラーを回し、
試合中もホーム・アウェイの両ゴール裏、
バック・メインの両スタンドから声援を送っているその光景は、
本当にサポーターの愛と一体感を感じさせるものでした。

以前も書いたことがありますが、
僕は博多の森の雰囲気に魅せられてアビスパに、そしてサッカーに夢中になりました。

その気持ちは今も変わることなく、
博多の森はアビサポの、博多っ子の熱い魂が宿る場所だと思うし、
その魂が結集したときの博多の森の熱い空気は、
他のどのスタジアムにも劣らないものだと信じています。

でも、今日アルウィンで感じた一体感は、正直今の博多の森に欠けているものだと思うし、
経営危機に瀕しているアビスパにとって一番求められるもの、
見習わなければならないものだと思います。

クラブが地域に根付くとはどういうことなのか、
その問いに対する答えは人それぞれ異なると思います。

でも、博多の森がアビスパカラー一色に染まり、
スタンド一体となって、声で、手拍子で選手を後押しするようになり、
博多の森に来ること自体が楽しいと多くの人が思えるようになるとき、
それはアビスパが福岡という街に根付いているということを、
視覚的にアピールすることになると思います。

今シーズン残されたホームゲームはあと2試合。

福岡という街にはアビスパが必要なんだということを示すためにも、
一人でも多くの人に博多の森に来てもらい、
スタンドをアビスパカラーで染めたいし、
この危機を乗り越えて明るい未来を築いて行くためにも、
そういう空気に変わっていかないといけないと思います。

P.S.
試合に関する内容を期待された方、ごめんなさい。
試合のことは後日改めて書きます。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。