FC2ブログ

Diario de Avispa

スタジアム観戦記や各種ニュースなど、日々アビスパのことを綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

俺たちは君と生きる

yahooのスポーツニュースでも取り上げられたように、
アビスパの厳しい経営状態が表面化しました。

毎試合後のマリヤンのコメントからも、お金がないことはうかがえましたが、
「まさかここまでとは思っていなかった」
そういうサポーターの方も多いのではないでしょうか?

かく言う僕もその一人です。

給料の遅配、5000万もの資金不足、2期連続の赤字・・・
細かい数字も含めて経営の実態はトップの人間にしか分かりませんが、
J1にいた2010シーズンの黒字で少しは落ち着いたと思っていただけに、
この事実は衝撃が大きく、一サポーターとしても非常に心配しています。

「今、サポーターに何ができるのか?」

残り3試合となったホームゲームの集客数が増えれば解決できるかもしれない、
『アビスパKidsパートナー』の応募者が増えれば解決できるかもしれない、
色々な可能性は考えられるものの、正直僕にはその答えは分かりません。

でも、「アビスパのために何かできないのか?」というのが、
アビスパを愛する全てのサポーターの想いだと思います。

福岡は野球の街、そういうイメージが強いかもしれないけど、
決して福岡にサッカー文化が根付いていないわけではないと思います。

今シーズンもガンバ戦では10000人を超えましたし、
J1のときには15000人やときには20000人を越えることもありました。

また、現在U-18プレミアリーグで東福岡高校が首位に立つなど、
高校サッカーのレベルも全国的に見て高いレベルにあります。

そして何より、昨年の苦しい戦いの中でも、
大量失点による連敗を続けていた中での前回のホームゲームでも、
スタジアムに駆けつけたアビスパを愛する仲間がいます。

それだけに、少しのアイディアと少しの工夫で、
必ずアビスパというクラブを福岡に根付かせることができると信じています。

経営陣に対する不満・批判はもちろんあります。
でも、今はその思いを表に出す時期ではないと思います。

クラブ・チーム・サポーターが一丸となって、
今こそ“福岡力”を見せなければ、
今こそ福岡の誇りを胸に立ち上がらなければ、
本当にアビスパの歴史が終わってしまうかもしれません。

サポーターにとって、アビスパは夢であり希望であり、そして人生そのもの。
だから、どんなに苦しい状況にあろうとも、サポーターはアビスパのことを見捨てはしません。

アビスパのために、アビスパと共にこれからも生きていきたい・・・

♪ どんなに苦しい時でも 心の中にいつもいる
  ララ~ララ~ララ~ラ~ラ~ララ~ いつも俺たちは歌う
  フク~オカ~ 俺たちはここで生まれ アビ~スパ~ 俺たちは君と生きる ♪


にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。