FC2ブログ

Diario de Avispa

スタジアム観戦記や各種ニュースなど、日々アビスパのことを綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

戻ってきた情熱

ここ数試合、まるで戦っていなかったアビスパが、
ようやく戦う気持ち・情熱を取り戻して、
「福岡ダービー」という名に恥じない熱い戦いを見せてくれました!

試合内容は決して褒められたものではなかった。
後半になるとパッと足が止まり、ずーっと押しこまれる展開になるのは、
正直、開幕当初と何も変わっていない。

シュート数も8対23、
しかも23本のうち枠内にも多く飛ばされ、
クロスバーに助けられたシーンも数多くあった。

でも、前半戦に勝ち点を伸ばす要因でもあった、
ゴール前で体を張り続け相手にゴールを割らせない気持ち、
そしてリュウの姿に象徴される90分を通して走り抜く姿が、
ようやく戻ってきたのはサポーターとして本当に嬉しい!!!

そして試合前のウォーミングアップの最後に、
円陣を組んで“1,2,3,AVISPA!”をやっている姿を見ても、
まだまだこのチームは終わっていないという気持ちも感じられました。

本音を言えば、これがチームのベースとして、
毎試合当たり前のようにできないといけない最低ラインだけど、
それでも内容の悪い連敗中だったことを思えば、
マリヤン・アビスパの本来の姿を取り戻すきっかけになるはず。

1週間空いてしまうのが残念だけど、
その分しっかりとコンディションを整えて、
残り少なくなった今シーズンを全力で、激しく戦い抜いてほしい!

そして、北九州戦に関しては本当にカミに救われました。
富山戦では3点目のゴールに絡むミスもあり、
試合後のマリヤンのコメントの中でも厳しく言われていたけど、
シュートブロックがカミの一番の魅力だし、
これこそがカミの本来の姿だと思います。

キックの精度や判断など、
ミズに比べるとまだまだ物足りない部分もあるけど、
これからもアビスパのゴールをしっかり守り続けてほしい!

・・・

しかし、今日は暑かったですね。
個人的には「今シーズンで一番疲れたかも」っていう印象だけど、皆さんはどうでしたか?

でも、愛するチームが勝つともの凄く充実感があるし、
またこういう熱い試合を見せてくれて本当に楽しかったし、
何より多くのアビスパサポーターと共に
こうやって喜びを分かち合えるのは本当に最高の瞬間。

次はホームで喜び合いたいですね!

P.S.
1年ぶりの本城についてもう少しだけ。
今回JRでスタジアムまで向かったんですが、
折尾駅周辺はだいぶ変わっているのに、
本城は相変わらずだなぁというのが正直な印象。

時計はちょっと見やすくなったような気がするけど、
Jリーグのスタジアムとしてはどうなんだろう?
正直、北九州の選手がトオル以外誰が誰やら分からなかったし。

あと、帰りの交通機関・整理ももう少し良くならないかなぁ・・・

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

勝ち点3!

まぁ、試合内容はともかく、闘う姿を見る事が出来て、勝ち点3を取れた事が一番です。V(^-^)V


折尾からシャトルバスで行ったのですが、黄色のラッピングバスで車内には、監督と選手達のポスターが貼ってありました。


ちょっと、うらやましい(>_<)


帰りの渋滞は、うちのように、出庫規制をしてシャトルバスを優先すれば良いのになぁと、思います。

乗るまでも待って、乗ってからも、本城出るまで時間がかかる…新しいスタジアム出来れば 即、解決?


とりあえず、気持ち良く1週間過ごせます(笑)

ルイのママ | URL | 2013-10-07(Mon)00:51 [編集]


Re: 勝ち点3!

『ルイのママ』さんへ

コメントありがとうございます。
また、このブログをチェックし続けてくださり本当に嬉しいです!(^^)!

シャトルバスのギラヴァンツカラーのラッピングや、
監督・選手の写真は確かに良いなぁと思います。
確か2010シーズンに行ったときもそうだったような・・・
アビスパも、監督や選手をもっとプッシュしてほしいですね。

まぁ、でも本当に勝ったことが何よりですね。
必死に闘って、連敗も止まって、ダービーにも勝って。
とりあえずはこの余韻に浸りましょう\(^o^)/

そして、鳥取戦でまた共に戦いましょう!

lovispa | URL | 2013-10-07(Mon)01:04 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。