FC2ブログ

Diario de Avispa

スタジアム観戦記や各種ニュースなど、日々アビスパのことを綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

攻撃のクオリティーの差

完敗。

その一言に尽きると思います。

非公開練習までして臨んだ一戦だったけど、
アウェイの札幌戦や栃木戦のときと同じように、
自分たちのサッカーをほとんどできずに、
神戸との力の差をまざまざと見せつけられてしまいました。

連戦の3試合目で、コンディション的に厳しかったのは確かだけど・・・

でも、幸いにも6位・京都との勝ち点差は4ということで、
まだまだ可能性は残されています。

次はホームで4位・千葉との対戦なので、
切り替えて、そして1週間しっかり準備をしてくれると信じたい。

あと、こんな結果に終わった神戸戦だけど、
唯一の収穫は、点差や数的不利などモチベーションを保てないような展開の中で、
PKストップを含めて無失点に抑えたエイタ。

千葉戦でスタメンするかどうかは分からないけど、
まずはデビューおめでとう!
アビスパユース出身の選手として、これからの活躍を期待しています!!!

・・・

さて、今回は内容的なところで思うことを少し書いてみようと思います。

4失点ということで、タケシ・ジョーゴのサイドバック起用も含めて、
守備の部分に疑問を感じてしまうところですが、
それ以上に攻撃が余りにも迫力に、そして精度に欠けるような気がします。

神戸がどんどんDFラインやサイドバックの裏を正確に突いて来て、
そこからのクロスも中の選手に合わせていたのに対して、
アビスパが裏に出したり、中に入れたりするボールは、
タイミングもあってなければ、精度も低い。

そして何よりシュートに繋がるようなプレーが少ない。

実際、京都戦から始まった上位陣・プレーオフを狙うチームとの直接対決6試合で、

 アビスパのシュート数:50(1試合平均:8.3)
 アビスパの被シュート数:79(1試合平均:13.1)

しかも、東京V戦とガンバ戦はシュート数は互角だったが、
それ以外の4試合はアビスパの2~4倍のシュートを打たれるという内容。

もちろんシュート数だけがすべてではないけど、
シーズンの平均得点が1という現実がそこに表れていると思います。

トレーニングの中で、しきりにマリヤンが言っているハンドシグナルを出して、
ボールを受けるということは試合の中でもできてきていると思うけど、
前を向いてボールを受ける、そして縦に入れるという部分はまだまだ物足りない。

特にボランチの選手たちは、そこをもっと意識してほしい。

展開が展開だっただけに、難しい部分もあるけど、
クリスなんかは3点差の段階で入ってきたんだから、
もっと前を向いてプレーしてほしかったな。

ガンバ戦・水戸戦・神戸戦のアウェイ3試合は、
どちらかと言えば相手の良さを消すことに重きが置かれていたけど、
次はホームゲーム。

勇敢に、積極的に攻めるアビスパを見せてほしい!

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。