Diario de Avispa

スタジアム観戦記や各種ニュースなど、日々アビスパのことを綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

届け、この想い!

サポーターは愛するアビスパの置かれている状況を一番理解している。

昨シーズン、18位という結果で終わったことも、
今シーズン、マリヤンの下で一からチーム作りを始めたということも、
そして今、プレーオフ争いに向けて最も重要な時期にあるということも。

今シーズン、ここまでサポーターは敗戦の後でもチームを励まし、
確実に成長を遂げていくチームとともに、一喜一憂しながら戦ってきたが、
先週の京都戦、そして今日のヴェルディ戦の後には、
サポーターの中からブーイングの声が聞こえるようになってきた。

でも、これは後半戦のポスターに「行くぞ!J1!」と書かれているように、
サポーターもその気になってきているということの証であり、
だからこそ京都戦から始まった約2ヶ月の直接対決が非常に重要で、
勝ち続けないといけないというサポーターの思いの現れでもある。

そんな中、今日のヴェルディ戦は勝たないといけない、
いや、完全に勝ちゲームだっただけにこの結果は本当に悔しいし、
いろんな意味で納得できない。

前半から非常に良いペースで、スコアも2-0まで持っていくことができ、
さらに3点目、4点目、それ以上の点数を取るだけのチャンスも十二分にあった。

しかし、京都戦も、これまで勝ち点を落としてきたゲームもそうだが、
取るべきところで、決めるべきところで得点できずに、
結局相手に攻め込まれて失点してしまう。

昨シーズン、そして今シーズンと何度も見てきたシーンでありながら、
未だに改善されないこの現状。

以前、マリヤンは
『そうなってしまう原因は、選手たちの頭の中、心の中の深いところにあると思います。
 それを来月までに上手く変えていければと思っています。』
と言っていたが、残念ながらまだまだ改善されておらず、
もしかしたら、思っている以上に時間のかかる作業なのかもしれない。

だけど、サポーターは誰もがこのチームに期待を寄せているし、
このチームなら必ず変われる、
もう一段上のステップへ上がって行けると信じている。

今節の結果を受けて、6位まで1試合で追いつけない状況になってしまったけど、
戦いはまだまだこれから。

今日のブーイングはサポーターのJ1への想いの現れ。
その想いが選手たちに届き、
これからの戦いを勇敢に戦い抜いてくれることを切に願う。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。