FC2ブログ

Diario de Avispa

スタジアム観戦記や各種ニュースなど、日々アビスパのことを綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

前進

水戸ホーリーホック戦、
勝ちゲームだった、逃げ切らないといけない試合だった、
そういう思いは確かにある。

失点シーンに関しても、相手のパワープレーに対して、
なぜズルズル下がってしまったのか、
サイドバックからのロングボールになぜ誰も競らなかったのか、
その前からミンジェのところが狙われていたのは明らかだったのに、
なぜカバー・フォローが出来なかったのか、
そういう思いも確かにある。

ついでに言えば、結果論にはなるが3枚目の交代の人選とタイミングは正しかったのかどうか。
別にユウタが悪かったということが言いたいのではなく、
勝ち切る・逃げ切るということを考えればリュウでも良かったと思うし、
話が今一つまとまらないままに交代したように見えたので、
先制した直後だっただけに、
そこまで慌てて変える必要があったのかなという思いもある。

だけど、この日のアビスパは徳島戦、札幌戦に比べ、
前線から積極的にプレスに行き、それに連動した守備が出来ていたし、
攻撃面でも、しっかりボールをポゼッションし、
得点シーンに象徴されるように、サイドから多くのチャンスを作り出して、
シュート数もこれまでの試合の中で一番多かった。

そういう意味では、一週間という修正時間を経て、
チームは確実に前進はしていたのではないだろうか?

勝ち切れなかったことに対して批判的な意見もあると思うけど、
今のアビスパは守備陣を中心に若いメンバーが多いし、
昨年負けが込みなかなか勝ちきるという状況を経験出来なかったことを考えると、
これもまたチームとして成長していくためのワンステップ。

なんだかんだ言ってもアビスパが昨年18位だったというのは紛れもない事実で、
マリヤンの言葉にもあるように、
「去年のメンタリティの部分を変えるためには、少し時間がかかる」
というのがアビスパの現実だと思う。

それだけに、根気強くチーム作りを進めていく覚悟が、
クラブ・チーム・サポーターに必要なこと。

6試合中4試合がホームゲームだった3月を、
2勝1分3敗と負け越しに終わってしまったのは残念だけど、
マリヤンの「私を信じてください。」という言葉を僕は信じたい。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。