Diario de Avispa

スタジアム観戦記や各種ニュースなど、日々アビスパのことを綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

信頼(追記あり)

先日のモンテディオ山形戦が、
ホーム・レベスタ初見参となったプシュニク監督。

試合前にはGKよりも早くピッチに現れ、
スタンドの子どもたちとハイタッチをしながら、
レベスタのピッチを一周。

『まず観客の皆さんに、きちんと挨拶がしたかった。
 (中略)観客の皆さんに感謝の思いを伝えたいという気持ちがありました。』

という試合後のコメントがありますが、
これほどまでにサポーターのことを大事に思ってくれている、
そしてその思いを行動で示してくれる、そのことがサポーターとしては本当に嬉しい!

試合後には、アビスパのフラッグも振ってくれましたもんね。
アビスパというクラブを本当に愛してくれていて、
アビスパに関わる全ての人を本当に大事にしてくれているんだなぁと、強く感じた瞬間でした!

また、ピッチを一周した後は、
ウォーミングアップのために出てきた選手たちを拍手で迎え、
ウォーミングアップ中に気になったことなどはピッチに入って行ってその場で声をかける。

さらに、試合に向けて入場してくる選手たちを、
入場ゲート(?)のところで待ち構え、
一人ひとりとハイタッチをしながらピッチに送り出す。

はっきり言って、そんな監督初めて見たような気がします。
(もちろん、良い意味で。)

開幕2試合を見るだけでも、マリヤンの監督しての力を感じることが出来ますが、
監督としてだけでなく、
一人の人間として見習いたい部分が本当にたくさんある方だと思います。

今シーズンの目標としてマリヤンが挙げているのは、
昨シーズンの18位を上回ることということで、少々物足りなさも感じるけど、
マリヤンならアビスパを本当に強いチームにしてくれると思うし、
それが2年でも3年でも、信じてついていきたい!

(追記)

ホーム2試合目となった京都サンガ戦。
試合前には開幕戦と同様にプシュニク監督はピッチを一周して挨拶を行っていました。
開幕戦だけかなと思いましたが、毎試合やるのかな?

しかも今回は、最初は普通にスース姿でしたが、

挨拶(1)

昨年で言うところのA席の前に向かう途中で、
サポーターがプレゼントしたと思われるタオルマフラーを巻いて・・・

挨拶(2)

サポーターの前でこのポーズ!

挨拶(3)

プシュニク監督は本当にサポーターのことを大切に思ってくれていますね。

それなのに、京都戦の観客動員は4千人台・・・
サポーターももっと頑張らないといけないですね。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。