Diario de Avispa

スタジアム観戦記や各種ニュースなど、日々アビスパのことを綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

期待が高かっただけに・・・

このブログは本当に久しぶりの更新になってしまいましたが、
シーズンも始まったことですし、
今年もちょくちょく思うがままに書いていこうと思います。

さて、今日3月2日に2014シーズンのJ2が開幕をして、
アビスパはアウェイで熊本と対戦したわけですが・・・

オフィシャルツアーのバスが5台だったこと、
試合前にアウェイゲートに長蛇の列ができたことからも、
今年のアビスパに対する期待の高さを感じることができましたが、
それだけに熊本戦の結果、そして内容にはちょっと失望感もありますね。

試合後のサカティーのコメントにもありますが、
熊本はアビスパのことを研究して試合に臨んできたという感じが強かったですし、
それに対して上手く対応できなかったなという感じ。

それに、何人かの選手はまだまだマリヤンサッカーにフィットできてないし、
戦えてなかったように感じます。

マリヤンアビスパのベースはアグレッシブ、スピーディー、そして何よりハードワーク!
それができないならピッチに立つ資格はないと思います。

能力は高い選手たちだと思うので、ぜひ1日も早く順応してほしい!

ただ、後半の内容は少なからず今後に繋がる内容だったと思います。

やっぱイシヅはアビスパの攻撃のキーマンだと思うし、
タケシも含めてドリブルで運べる選手の方が今のアビスパには合っているような気がするし、
見ていてワクワクしますよね!(^^)!

それだけに追いつきたかったけど・・・

ハッキリ言って、今日の内容であれば負けちゃだめだし、
昨シーズンも1点差の負けが多くて、
それをいかに勝ち点につなげていくかが上位進出へのポイントだと思うので、
1試合目とは言え、今日の試合は本当にもったいない。

この分を次節以降しっかり取り返していきましょう!

とまぁ、色々書いてきましたが、
最後に有名な歌の歌詞を一つ・・・

♪ 希望の数だけ 失望は増える それでも明日に胸は震える ♪

まだまだシーズンは始まったばかり。

こうやって、週末にアビスパの試合を見れる幸せを感じながら、
日々成長していく過程を精一杯サポートしていきましょう!

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop

輝ける未来を信じて・・・

気づけばもう大晦日。
本当に久しぶりの更新となってしまいましたが、
年の瀬に今年を振り返って少しばかり書いてみようかと思います。

今年はアビスパにとって本当に激動の一年となってしまいましたが、
そんな一年を端的に表すならば「未来に向けての出発」になるでしょうか。

経営面に関しては、クラブとして抱えている問題が一気に表面化したように思います。

しかし、ふくや様をはじめとするスポンサーの方々から多くの支援をいただき、
またサポーターとしてもキッズサポーターや強化募金、
その他さまざまな形で愛するクラブのために何かできないかと行動する中で、
福岡という街にアビスパが存在する意味、
私たちにはアビスパが必要なんだという思いを再確認できたように思います。

もちろん、まだまだ厳しい状況に変わりはありません。
クラブライセンス制度の導入が近づき、
来期の黒字経営と債務超過の解消は必須事項。

その中で、来季に向けて新しくユニフォームスポンサーになって頂いた
「ブロードマインド」様、「エモテント」様、
そして、今年多くの支援を頂き、来期もユニフォームスポンサーとして引き続き支援して頂く
「ふくや」様には本当に感謝の気持ちしかありません。

あれだけ大きく報じられてしまったことは恥ずべきことだと思いますが、
結果として「福岡の街全体でアビスパを強くしていかなければならない」、
そういう思いを広く共有できたことは未来に向けて必ずつながるものだと思うし、
繋げていかなければならないと思います。

また、チームとしては何と言ってもマリヤンの監督就任と続投。

結果としてプレーオフ圏内には及びませんでしたが、
昨年の戦術も闘志もなかったサッカーから、
見ていてワクワク・ドキドキ・ハラハラできる、
まさにサポーターの心に響くサッカーへと大きく生まれ変わったと思います。

中でも、ユースから昇格したユウタ、高卒一年目だったタケシは
年代別の日本代表に選出されるまで飛躍的に成長し、
大卒一年目だったシュウト、パクゴン、
2年目ながら今やアビスパのエースになりつつあるイシヅも含め、
若い選手たちがJ2という移動も多く、ハードなリーグを一年間経験できたこと、
その中で、たとえば決めるべきところで決めること、
リードした状況でどう戦うかという部分で課題も見つかったことは、
来期以降に向けて大きな収穫。

特に、今年はガンバ・ヴィッセルという超J2クラスのチーム・選手と、
真っ向勝負できたことも非常に大きな経験になったと思います。

来期J2に降格してくるのは湘南・磐田・大分ということで、
戦力的に群を抜いて強いチームはいないと思うので、
今年以上に混戦模様になることが予想されますし、
逆にアビスパにも十分チャンスはあるはず。

Jリーグを一年経験したマリヤンがどのような采配を見せてくれるのか、
若き精鋭たちがどれだけ成長を続けてくれるか、
そして何よりこのチームがどれだけ強く逞しくなっていくのかを考えると、
楽しみで仕方がありません。

辛いこともあった今シーズンですが、
来期はユニフォームのデザインもアビスパが誕生した当時のものになることですし、
今一度アビスパというクラブへの愛を再確認し、
みんなで笑いあえるシーズンにしたいですね。

それでは、アビスパサポーターの皆さま、よいお年を!

P.S.
サカティー・ツツをはじめ、契約更新してくれた選手たち、
残ってくれて本当にありがとう!

そして移籍することになったミズとリュウ。
アビスパのことを愛してくれた選手たちだから寂しい気持ちが強いけど、
来期は同じ舞台で戦うし、これからも応援しています!

最後に、引退が発表されたナギ。
まだまだやれると思っていたので正直残念ですが、本当にお疲れさまでした!

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

PageTop

“想”力結集!

アビスパにとって、またサポーターにとって、
本当にいろいろあった2013シーズンもいよいよ最終戦を迎えようとしています。

マリヤン・プシュニクという素晴らしい指導者のもと、
新たな一歩を踏み出した2013年のアビスパ。

トレーニングを観に行くだけでもワクワクした1月・2月。

今季に向けて真っ先に残留を決めてくれたジョーゴの味スタでのゴールと、
ジュンの鮮烈なレベスタデビューゴールで期待が高まった3月。

上位陣相手にも互角以上の戦いを演じ、
勝ちきれない試合もあったものの勝ち点を地道に積み上げ、
気づけばプレーオフ圏内でフィニッシュした前半戦。

そういえば、ジョーゴがキーパーをしたことも・・・

しかし、期待がどんどん高まっていく中、
いざこれからという中で迎えた夏場の直接対決シリーズでは、
本当に厳しい現実を見せつけられました。

東京V戦のまさかの逆転負けも含め、
大量失点で負ける試合が続き、苦しい思いをした8月・9月。

そして、そんな中飛び込んできたアビスパの経営危機問題。

多くのサポーターがその報道に心を痛め、
何かできないか、何かしなければという思いを抱き、
街頭キャンペーンに、Kidsサポーター・強化募金などなど、
いろいろな形で行動に移してきました。

残念ながら、僕はそのほとんどに協力できず、申し訳ない気持ちもありますが、
多くのサポーターの想いを代表して、
行動してくださった方々には本当に感謝しています。

また、今週新たなユニフォームスポンサーが決定しましたが、
本当に多くの企業の方々、全国のサッカーファンの方々から支援をして頂き、
ただただ感謝の気持ちしかありません。

そして何より、給与遅配などモチベーションにも影響しかねない報道の中、
アビスパのためにと全力でピッチで戦い続けてくれた選手たちは、
間違いなくサポーターにとっての誇り。

残念ながら、最終戦までに来季以降の契約についてリリースされませんでしたが、
先日のマリヤンのコメントやアビスパの経営状態を考えれば、
多くの選手が入れ替わってしまうかもしれないだけに、
このメンバーで戦う2013アビスパをどうにか勝利で終えたい。

何やら、岡山のサポーターは新幹線を貸し切ってやってくるようですが、
レベスタは、博多の森はサッカーを愛し、アビスパを愛する、
博多っ子の熱い魂が宿る我らが聖地。

今年1年分の、いやアビスパの歴史20年分の愛と、
全国各地から支援して頂いた皆様への感謝の気持ちを胸に、
これが俺達の愛するアビスパだという熱い想いを、存分にぶつけましょう!

♪ アビスパ福岡 我らの全て 誰も止めれない 愛する気持ち ♪

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

PageTop

模索

本音から言えば、「ありえない」!
10人の相手に2点差を追いつかれるなんて・・・

確かに、最初の失点はかなり怪しいジャッジだったけど、
それでも数的有利でリードしている状況だったし、
攻撃面でもまだまだ追加点をとるチャンスがあったわけだから、
しっかり追加点を奪って逃げ切らないといけない展開だったはず。

先週の熊本戦の後にも書いたけど、
足が止まり始める後半の戦い方は、
マリヤン・アビスパにとって本当に深刻な問題。

今シーズンの前半戦に比べれば、
運動量や追加点を取りに行く姿勢は改善されているように感じるけど、
そこで追加点を決め切れない現状。

さらに、愛媛戦は今までと違って、
『オチャン→リュウ』というどちらかと言えば守備的な選手交代をして、
確実な逃げ切りを図ったにも拘らず追いつかれるというこの事実。

マリヤンも色々と勝ちきる術を考え実行しようとしているんだろうけど、
どうしても結果として現れないのは本当に残念でなりません。

でも、今シーズンに関して言えば、
順位や勝ち点という部分では目標がないわけだから、
マリヤンの続投が決まった以上、
目の前の1試合をどう来年につなげていくかが一番重要。

先日ユース世代の日本代表に選出されたユウタやタケシを中心に、
若い選手が躍動する攻撃は日に日に魅力を増しています。

それだけに、彼らがこういう悔しさを積み重ねていく中で、
以前マリヤンがコメントの中で発したように、
チームの勝利のために何ができるかを模索していくことが、
アビスパの将来に繋がるはず。

来季に向けて、マリヤン・アビスパがチームとして、
また選手一人一人が逞しく成長していくことを、心から願いたい。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

PageTop

変わらぬ勝負弱さ…

今シーズン何度となく味わってきたこの悔しさ…

先制点を奪って優位に試合を進めながらも、追加点を決められない、
そして最後アディショナルタイムに追いつかれてしまう。

マリヤンがことある度に指摘してきて、
選手も分かっているはずなのにどうしても解決できない、
マリヤン・アビスパ最大の問題。

ゴールを決められた後の選手の悔しがる姿に、
試合に懸ける気持ちや魂は感じられるけど、
それが繰り返し起こり、結果として現れてない以上、
まだまだ意識が足りないと言わざるを得ない。

しかも、熊本戦に関しては言えば、
あと数プレー耐えればいい中で、
どフリーでシュートを打たれるというのは、
何かピッチの中で意識が統一し切れていないことの現れではないだろうか?

今年、サッカーの内容は昨年から大きく成長したと思う。
それでも6位に届かなかったのは、
紛れもなく後半のアディショナルタイムで勝ち点を落とし続けてきたから。

内容的には満足できなくても、
どうにか先制し、1ー0で勝ち切れる、
それこそナビスコカップを制したレイソルのような勝負強さ、
それこそが昇格争いをするチーム、上位に進出するチームとして必要なもの。

よく言われるように、過去は変えられない。
でも未来はいくらでも変えられる。

来シーズン、順位的にさらに飛躍して行くために、
アビスパが逞しく成長して行くことを期待したい!

P.S.
今更って思われるかもしれませんが、
この度Twitterを始めることにしました。
(このブログの左中央付近にブログパーツを置いています)

まだまだ使い勝手がわからない部分が多いですが、
ブログ・Twitter共々、これからもよろしくお願いします!

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。